親指シフトって何処がいいの?

  • ワープロ検定合格率 No.1
  • 日本語の特性、指の使用率を考えたキー配列
  • 打鍵数の削減による作業軽減
  • 自然な入力操作
  • 身体にもやさしい

打鍵数の削減による作業軽減

親指シフト入力は、すべてのかなを1回の打鍵で入力することができます。[Shift]キーを押しながら図形キーを打つのではなく, 親指キーと図形キーをおおむね同時に打ちます。

ローマ字入力では、濁音・半濁音・拗音などを入力する際、2回または3回の打鍵が必要となります。親指シフトの場合はこれも1回の打鍵で済んでしまいます。すなわち、親指シフトは最も少ないキーの打鍵数で、スムーズな入力ができるわけです。

したがい、そのスピードの優位性は断然に勝っています。

打鍵数による親指シフト入力とローマ字入力の違い