徹底比較親指シフト入力
仕様比較
打鍵数と入力速度比較
指の使用率比較
◆入力比較アニメーション◆
■打鍵数と入力速度比較

 右のグラフは、(社)日本能率協会が3つの入力方式(親指シフト、JIS、ローマ字入力)について行った「打鍵数」と「入力速度」の比較です。 入力方式別所要時間
※実験内容は、朝日新聞の「天声人語」(約700文字前後)をキーボード経験3カ月以内の10〜50代の男女18人で調査。
入力方式別所要時間
【打鍵数とその内訳(変換・無変換キーを除く)】
入力方式 親指シフト
キーボード
JISキーボード
(かな入力)
JISキーボード
(ローマ字入力)
打鍵数合計 1001 1211 1773
文字キー 994 994 1713
濁音キー 0 100 0
シフトキー 0 0
かな記号キー 0 100 55
その他キー 7 17 5
打鍵数/漢字かなまじり文字数 1.29 1.56 2.29
打鍵数に関して特徴的なのは、ローマ字入力を除いて、どちらのかな入力方式も文字キーの打鍵数は同じである。にもかかわらず、打鍵数合計に大きな差が出るのは、親指シフト以外は濁音キーやシフトキー、かな記号キーなど余計なキーを打たなければならないからだ。打鍵数を文字数で割ると、親指シフトが1文字入力するのに平均1.29打鍵なのに比べて、JISは1.56、ローマ字入力は2.29打鍵となっている。この打鍵数が入力スピードに跳ね返ってくるのは、当然と言えば当然の結果である。
トップページへ戻る